プロペシアはAGAの進行を止める治療薬として多くの方に愛用されています。しかし女性は錠剤自体に触れてはいけなかったり、EDになる副作用のリスクも抱えています。プロペシアは本当に自分が使って良い薬なのか、当サイトを見て決断してください。

薬を使わないで薄毛を改善するには何が必要なのか?

薄毛と聞くと高齢の男性に多いイメージがあるかもしれませんが、近年は様々な理由によって若い男性や女性であっても薄毛で悩まされている方が増えてきています。
そんな薄毛ですが、多くの方が悩んでいることもあり、効果的な治療方法や改善方法も数多く登場しています。
薄毛の進行度が強い場合であれば、専門機関での治療をした方が良いかもしれませんが、それほど進行していない場合や、今は問題ないが将来的に不安がある程度の場合であれば、薬を使わない方法で改善をしたり予防をすることも可能です。

では、薄毛の改善を薬などに頼ることなく行うには、どのような方法があるのでしょうか。
最も大切なことは食生活や運動などの生活習慣を改善することです。
まず髪の毛の成長には様々な栄養素が必要になりますので、バランスの取れた食生活を送る必要があります。
中でも重要な栄養素としてはたんぱく質やビタミンミネラル、亜鉛、コラーゲンなどになりますので、これらの栄養素を積極的に摂取するようにしてください。
しかし、どんなに栄養が足りていても、その栄養が頭皮に届けられなければ意味がありません。
そして頭皮には細い血管が多い為、血流を良くすることも薄毛改善には欠かすことのできな要素になります。
ですので、運動や入浴も改善には効果的な方法になります。
運動をすることで血流を良くすることができれば頭皮に栄養素が起き届きますし、入浴によっても血流を良くすることができますので、無理をしない程度で大丈夫ですので適度な運動と入浴をするようにしてください。

このように食事によって体内環境を整えて、その上で運動や入浴によって血流や新陳代謝を良くすることで、相乗効果でさらに薄毛の改善に効果的になります。
またこのほかの方法によって体内環境を変えることができて、それによっても薄毛改善につなげることができますので、今は問題ない方であっても今のうちからしっかりと対策をするようにしてください。

体内環境を変えることで発毛することも

薄毛になる要因は生活習慣の乱れや食生活の乱れ、さらにはストレスなど様々な原因が考えられますが、男性が薄毛になった場合のほとんどは、悪玉男性ホルモンの影響によるものです。
その為、体内環境を整えて悪玉男性ホルモンを抑制できれば、薄毛を改善することができます。
悪玉男性ホルモンは何らかの理由によってテストステロンが過剰に分泌された結果、分泌量が増加してしまいますが、体内環境を整えることで過剰分泌を抑制することができますので、ここではその方法をお伝えしていきます。
まず、体内に悪玉男性ホルモンが増加しないようにする為には、食事から摂取できる栄養素が効果的で、特に大豆に含まれるイソフラボンや亜鉛などが効果的です。
そして、摂取した栄養素が頭皮に届けられなければ意味がありませんので、運動や入浴をして栄養素を届けるようにしましょう。
また新陳代謝を上げることも栄養素をしっかりと頭皮に届けるには欠かせませんので、新陳代謝を上げる方法としては辛い食べ物を食べたり、青魚に含まれるDHAを積極的に摂取して血液をサラサラにすることも効果的です。
これらの方法によって悪玉男性ホルモンを分泌を抑制して、その上で新陳代謝を上げることで頭皮には髪の毛の成長に必要な栄養素が届けられるようになります。

また、頭皮をマッサージするのも効果的で、薄毛に悩んでいる方は頭皮が硬くなり血流が悪くなっているケースが多いので、頭皮マッサージをして頭皮の血流を良くしましょう。
マッサージはお風呂に入ってシャンプーをする際に、頭皮を動かすような形でマッサージをすれば大丈夫です。
間違っても爪を立てたり、頭皮表面を擦るような形でマッサージはしないようにしてください。
薄毛の改善には髪の毛の成長に必要な栄養素を摂取して、それを血流や新陳代謝を上げることで頭皮に届けられるようにすることが大切で、これらの方法で体内環境を整えることで薬を使わなくても薄毛の改善を試みることが可能です。