プロペシアはAGAの進行を止める治療薬として多くの方に愛用されています。しかし女性は錠剤自体に触れてはいけなかったり、EDになる副作用のリスクも抱えています。プロペシアは本当に自分が使って良い薬なのか、当サイトを見て決断してください。

薄毛は遺伝からもなるので注意!

成人男性に良く見られる生え際や頭頂の脱毛や薄毛は、男性型脱毛症AGAの可能性があります。
AGAについては今非常に研究が進んでおり、効果的な治療も確立してきています。
薄毛や脱毛には様々な症状があり、AGAに該当する場合その発症には、隔世遺伝含め遺伝的な要因が関係していることが明らかになっています。
ご自分の体質が該当するかどうかは遺伝子検査を受けることで判別可能です。
AGA治療を進めるに当たってはAGAの発症のメカニズムを知る事が第一歩となります。
頭皮の毛穴深部にある毛乳頭は、毛細血管を通って運ばれてくる栄養素を使って、毛母細胞を増殖分化させることで毛髪を成長させています。
毛細血管には男性ホルモン(アンドロゲン)も流れており、その中の1つテストステロンが毛乳頭に存在する還元酵素5aリダクターゼと合わさるとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質を生み出します。
DHTが、毛乳頭にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結びつくとTGF-β1という物質になります。
この物質が強力な発毛抑制を引き起こし脱毛の原因となるのです。
このメカニズムで重要な働きをする男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)はX染色体にあります。
これが変異を引き起こし、遺伝によって体質が受け継がれるとAGAのメカニズムが発動しやすくなります。
この体質は母型から受け継がれ、隔世遺伝によって発症することが分かっています。

男性の染色体はXY構造となっており、Y染色体は父型から、Xは母型から受け継ぎます。
従って変異したX染色体は母型からの遺伝と言うことになります。
母親は女性ですのでXX構造です。
片方のX染色体が変異していても一方が正常なら薄毛の発症を抑える効果があります。
母親の両親のどちらかが変異したX染色体を持っているとそれが娘(母型)に受け継がれ、娘の男の子供に発症するという隔世遺伝が起こるのです。
X染色体は100%変異したまま遺伝するわけではなく、正常な遺伝子となって遺伝する確率も50%程度あると見られています。
遺伝要素でもう1つ問題なのは、5aリダクターゼの活性力です。
活性力が高いとアンドロゲンと結びついて脱毛物質を作り出す活動が進み、薄毛になりやすくなります。
この活性力には個人差があり優性遺伝することが分かっています。
つまり活性力の強い方の親の体質を受け継ぐのです。

薄毛になるかどうかは遺伝子検査で調べてみる

母親の両親で薄毛の人がいた場合は隔世遺伝で体質が受け継がれている可能性が高くなるでしょう。
しかし同じ親から生まれた兄弟であっても、体質が受け継がれる確率は1/2なので、兄弟がどちらも薄毛体質であるとは限りません。
最もAGAになりやすいのは母型から変異したアンドロゲン受容体の染色体を、両親のどちらかから活性力の高い5aリダクターゼ体質を受け継いだ場合と言えるでしょう。
ご自分の体質については遺伝子検査で調べることが出来ます。
病院や専門機関に行く方法の他に、自宅で検査できるキットも発売されています。
病院では毛髪を採取され1か月程度で結果が判明します。
自宅用キットでは口内の粘膜を採取して検査機関に送ると、2~3週間ほどで結果が届けられます。
料金は自宅キットのほうが若干安めですが、病院で検査を受ければその後スムーズに治療に繋げられるというメリットもあります。
ご自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

AGAは隔世遺伝や遺伝によって体質が受け継がれる事が原因の1つですが、原因はこれだけではありません。
遺伝だからどうしようもないと諦める必要もありません。
薄毛については非常に研究が進んでおり、効果的な化学的治療も確立されてきている現状があります。
確実に言えることは早期に治療を開始することです。
若いうちから薄毛で悩んでいる場合はAGAである確率が高いと言えるでしょう。
放置すると恐ろしい速度で症状が進むことが分かっていますが、早期に治療を開始すれば改善の可能性は低くありません。
まずはご自分の薄毛の原因が何なのかをハッキリさせることが治療の第一歩です。
母親の両親に薄毛の人がいるなら、一度遺伝子検査をしてみることをお勧めします。