プロペシアはAGAの進行を止める治療薬として多くの方に愛用されています。しかし女性は錠剤自体に触れてはいけなかったり、EDになる副作用のリスクも抱えています。プロペシアは本当に自分が使って良い薬なのか、当サイトを見て決断してください。

薄毛が気になりだしたら日常生活の見直しが大事

男性も女性も性ホルモンの影響や祖父母や両親からの遺伝の影響など、ある意味やむを得ない理由で薄毛が進行する人もいますが、大半の人が日常生活のさまざまな習慣が原因で薄毛が進行してしまうことが考えられます。
特に見直したいのは毎日の食事です。好きなものばかり、また忙しいからとコンビニのお弁当や外食に頼る食生活を送ってばかりいると体の栄養が偏ってしまいます。
また「テレビの健康番組で紹介していたから」と髪によい、健康によいものばかりを毎日の食事に取り入れることや食事を摂らないダイエットもよくありません。
そして食事内容の見直しと合わせて毎晩のお酒が欠かせない人も少なくありませんが、お酒には糖質が含まれているものが多く、お酒を飲み始めるとついつい味の濃い、カロリーの高いおつまみがほしくなってしまいます。
これらが頭皮に皮脂が多く分泌されたり、血液がドロドロになるという薄毛を進行させてしまう原因となります。
健康のためには禁酒が理想ですが、禁酒は無理だとしてもその量は減らさなければなりません。
禁酒する自信がない場合は辛口のワインやウィスキーなど糖質を含まないお酒に変える方法もあります。

また日常生活でタバコは欠かせないという人もいますが、タバコに含まれているニコチンには全身の血管を収縮させてしまう作用があり、頭皮の血流が悪くなる原因となります。
またタバコに含まれている有害物質を体の外に排出する際、髪の成長に必要な栄養を使ってしまい髪には後回しになります。
タバコに関しては髪と健康のためにすぐに禁煙すべきです。
自分で禁煙するのが難しい人には最近では病院で“禁煙外来”が増えてきて、お医者さんに相談しながら禁煙できます。
ぜひ利用しましょう。
さらにこれまでの日常生活で有酸素運動をする習慣なんてなかったという人も少なくありませんが、多少食生活が乱れていても有酸素運動をする習慣があれば全身の血流をよくすることができ、頭皮にもしっかりと栄養が届けられます。
最後にもう一つ大切なことは毎日の睡眠です。少ない睡眠で体が慣れてしまっている人もいるかもしれませんが、睡眠は髪や体のダメージを回復させるのに必要です。
睡眠時間が少ないと髪のダメージが蓄積していくばかりなので、毎日ではなくても週に何度かは睡眠をしっかりとれるように日常生活の見直しを行いたいです。

薄毛は日頃のからのケアも必要となる

薄毛を改善するためには日常生活の見直しから始めなければなりません。
まずは毎日の食事の内容の見直しが必要であること、またお酒の習慣がある人は禁酒が理想ですが、禁酒する自信がなくても量を減らすことはできるはずです。そしてタバコに関しては絶対の禁煙が必要です。

あとは有酸素運動の習慣づけも重要です。ウォーキングやジョギング、また普段エレベーターやエスカレーターを使う場所で階段を使うなど、ちょっとした工夫が有酸素運動と同じ効果をもたらしてくれます。
このような簡単な有酸素運動はストレス解消の効果や、適度に疲れて食事もしっかりととることができるだけでなく、夜もしっかりと寝ることができるなどメリットが多いです。

さらには毎日いかに髪と頭皮をケアしていくかが重要です。
まずこれまで市販されている洗浄力の強いシャンプーを使っていた人は、汚れと一緒に頭皮を外的刺激から守る皮脂まで落としてしまい、バリア機能が衰えて抜け毛が増えている可能性があります。
洗浄力の強いシャンプーとは市販されている安価なシャンプーに多いのですが“硫酸〇〇”という成分が使われているものがこれにあたります。
またせっかく髪や頭皮に優しいシャンプーに変えても適当に洗ったり、すすぎがいい加減だと成分が頭皮に残ってしまい炎症が残って薄毛を進行させてしまう可能性もあります。
さらにシャンプー後に自然乾燥をさせる、つまり長時間頭皮が湿った状態になるのもよくありません。この機会にシャンプーそのものと、シャンプー方法の見直しを行いましょう。
これまでの日常生活の習慣を変えることは簡単なことではありませんが、見直さないことにはどれだけ高くて効果が期待できる育毛剤を使っても薄毛は改善しないといっても過言ではありません。
今日できることから始めていきましょう。