プロペシアはAGAの進行を止める治療薬として多くの方に愛用されています。しかし女性は錠剤自体に触れてはいけなかったり、EDになる副作用のリスクも抱えています。プロペシアは本当に自分が使って良い薬なのか、当サイトを見て決断してください。

女性が薄毛になる原因について

女性の薄毛が近年増えていると言われています。原因は色々ありますが、遺伝による薄毛も否定できません。
ただし、遺伝的な要素を強く持っていたとしても男性のように表立った症状が現れることは少ないので、実際に遺伝かどうかを判別するのは難しいとされています。

また、遺伝以外にも食生活やストレス、運動不足などの後天的な要因によって薄毛が引き起こされているケースも多いので、原因の絞り込みは難しいようです。
女性の薄毛では、びまん性脱毛症もあります。びまん性脱毛症になると全体的な毛量が減って薄くなります。
びまん性脱毛症を引き起こす要因としては加齢やストレス、食生活の乱れなどがあり、特に加齢による薄毛はよくみられます。
加齢による症状の場合にはホルモンバランスが関係していて、女性ホルモンの分泌量が減って男性ホルモンの影響を強く受けるようになることで薄毛になります。
男性ホルモンの影響が出始めると頭皮の皮脂分泌が活発になり、毛穴に皮脂が詰まることも増えます。

また、女性は牽引性脱毛症も多いようです。
牽引性脱毛症は加齢とは関係なく、いつも同じ髪型をしていたり、一つにきつく結ぶ習慣があったりすると起こりやすくなります。
牽引性脱毛症の場合には髪型を変えたり結ぶのをやめたりして頭皮に負担がかからないようにすることで改善されるケースも多いので、遺伝やびまん性脱毛症と比べると対応が容易です。
牽引性脱毛症はカチューシャやエクステンションでも起こり得ます。
このように女性の薄毛にも色々な要因があり、その要因に合わせた対処が必要です。
遺伝的な要因やびまん性脱毛症の場合には、牽引性脱毛症と違ってホルモンバランスが関係していますので、ホルモンバランスを整えることも重要です。
加齢による症状の場合にも、コラーゲンなどの潤い物質が減って頭皮が乾燥して引き起こされるケースと、女性ホルモンの減少によって男性ホルモンの影響強く受けるケースとがあります。

薄毛と女性ホルモンの関係について

女性が遺伝的要因で薄毛になる場合、父親と母親の両方から薄毛遺伝子を受け継いだ時に起こるようです。
ただし、受け継いだだけでは薄毛にはならず、男性ホルモンが強く働くことで男性型脱毛症が起こります。
男性型脱毛症になると皮脂の分泌が活発になり、頭皮がべたついて感じます。
皮脂は毛穴に詰まって細胞の働きを阻害しますのでシャンプーなどでしっかりと落とすことが大切です。
びまん性脱毛症のうち、加齢による症状でも同じようなことが起こります。
年齢を重ねると共に女性ホルモンの分泌量が減っていくのはごく自然なことですが、それにより男性ホルモンが優位になって抜け毛が引き起こされやすくなります。
AGAの原因となる男性ホルモンの働きが活発になると、生えている髪の毛の成長を阻害して成長期にあっても抜けることが出てきます。
成長期に抜けてしまう髪の毛が増えれば、産毛のような状態の髪の毛が増えますし全体の毛量も少なくなります。

ホルモンバランスの乱れによる薄毛の場合には、皮脂への対応が非常に重要になります。
皮脂をそのままにしてしまうと毛穴詰まりの原因になりますし、酸化することで雑菌が繁殖しやすくなります。
皮脂はシャンプーで落とすのが一番良いのですが、その際に必要な油分まで奪ってしまうと更に皮脂の分泌量は増えますのでアミノ酸系や自然由来などの皮膚に優しいシャンプーを使います。
ホルモンバランスを整える際には育毛剤もよく効きます。
男性ホルモンを抑えるタイプや女性ホルモンを補うタイプを利用すれば脱毛の原因となる男性ホルモンの影響を強く受けずに済みますので、育毛剤を上手く活用することが大切です。
AGAの原因となる男性ホルモンは髪の毛の周期も狂わせてしまうのですが、バランスを改善できれば周期も正常に戻ります。