プロペシアはAGAの進行を止める治療薬として多くの方に愛用されています。しかし女性は錠剤自体に触れてはいけなかったり、EDになる副作用のリスクも抱えています。プロペシアは本当に自分が使って良い薬なのか、当サイトを見て決断してください。

プロペシア服用で勃起不全になることも

注意を促す医者

薄毛治療でプロペシアを使用する人も多いですが、薬には少なからず副作用があり、その影響を受けている人も存在しています。
副作用にもいくつもの種類があり、主に男性ホルモンの機能が低下して起こってしまうものが多いです。
プロペシアを飲むことで男性ホルモンの一部の機能が抑制されますが、それに伴いホルモンバランスを乱してしまうというケースもあります。
その結果、頭痛や腹痛・眠気・頻尿など様々な症状を引き起こしてしまいます。
これらに共通していることは自律神経が大きく関わっているという点です。
男性ホルモンの抑制に伴いホルモンバランスに乱れが生じると、自然と自律神経にも影響を及ぼしてしまいます。
自律神経は交感神経・副交感神経があり、副交感神経が多くの内臓器官の支配やコントロールを司っています。
その副交感神経の働きに問題が生じてしまうことがきっかけで内臓器系に様々な症状を及ぼします。
また交感神経との相互作用を持っており、交感神経の乱れによっても二次的に頭痛や腹痛・眠気・頻尿といった副作用は引き起こされます。
しかし他の副作用として勃起不全を引き起こしてしまう可能性もあります。
男性ホルモンは勃起をつかさどる上で非常に重要な機能を担っています。

プロペシアを飲むことで本来作用すべき薄毛の男性ホルモンの成分とは別に男性機能にかかわる機能にも影響を及ぼしかねません。
その結果、勃起不全を引き起こしかねません。
実際に勃起不全に至ったという人は非常に少ないです。プロペシアは専門機関で作られた薬のため副作用のリスクは少ないです。
そのため頭痛や腹痛・眠気・頻尿など内臓器官に加えて勃起不全を筆記起こす可能性もあります。
しかし実際に出現する頻度としては非常に少ないです。
特に勃起不全に関しては症状が出ても多少の影響であることが多く、マカや亜鉛など勃起に補助的に働きかけてくれるような栄養を合わせて取っておけばほぼ問題ないことが多いです。

プロペシアは男性機能を低下させることがある

プロペシアには副作用として頭痛や腹痛・眠気・頻尿といった症状を引き起こすこともありますが、それに加えて男性機能を低下させてしまうこともあります。
男性機能の中でも勃起や精子の製造・性的欲求の抑制などが多いとされています。
プロペシアを飲むことで男性ホルモンに直接的に働きかけますが、人によっては少なからず本来効くべき男性ホルモンとは別に作用してしまうこともあり、その結果、男性機能の抑制に至ってしまいます。
実際に男性機能が抑制されたと感じる人は少なく、程度としては微々たるものです。
実際に年単位でのみ続けていても男性機能に特別大きな変化は感じなかったという人も多いとのデータがあります。
そのため少なからず生殖器系にかかわる男性機能に影響がある可能性はありますが、その程度はわずかといえます。

またプロぺシアは男性ホルモンの分泌が盛んである人ほどその効果を示しやすいですが、その分影響を受けやすい可能性もあります。
しかし影響を受けやすい半面、男性ホルモンの含有量や機能も高い傾向にあります。
そのため影響はあってもその結果の変化は非常に少なく、安心して服用が可能といえます。
以上のことからもプロペシアを使用することで副作用により少なからず健康上の影響は存在しています。
それはホルモンバランスの乱れによる自律神経系では頭痛や腹痛・眠気・頻尿などがあげられます。
しかし重症化するケースはほぼないに等しく、報告もありません。
男性機能への影響としては勃起不全や精子の製造・性的欲求の低下など生殖機能に対して副作用を出す可能性あります。
しかし使用者がそれを実感するほどの影響はなく、実際に精子に異常をきたしたり性交渉ができなくなると言ったことはないため安心といえます。