プロペシアはAGAの進行を止める治療薬として多くの方に愛用されています。しかし女性は錠剤自体に触れてはいけなかったり、EDになる副作用のリスクも抱えています。プロペシアは本当に自分が使って良い薬なのか、当サイトを見て決断してください。

プロペシアは病院以外でも購入することができる

AGAの治療で使われているプロペシアには健康保険が適用されていないため、病院の会計では自費の10割負担になります。
また、扱っていない医療機関も多く、電車やバスで隣の市区町村の病院まで行かなければ手に入らないこともあります。
病院で医師の診察を受けて、処方箋をもらって、調剤薬局で手に入れる場合、プロペシアの1か月の薬代は6000円くらいの価格になることが多いです。
これに、初診料や検査代が加わります。
初診の場合は、何か全身的な病気が隠れていないかなどを調べるために血液検査を行います。
そのため、血液検査に3000円から5000円くらいが必要になることが多いです。
中には1万円近くかけて検査を行う病院もあります。
2回目以降は、再診料やお薬の価格に投薬料や調剤技術料、薬学管理料が加わります。これらを合計すると、1か月7000円以上になります。
中には交通費が何千円もかかったり、病院で長い時間待って疲れたからとコーヒーなどを飲んで休憩したりお昼ご飯を食べて帰ることになると、8000円以上や1万円以上になる人もいるでしょう。

プロペシアは、病院へ行かなくても個人輸入で購入することも可能です。
ジェネリックを購入すれば、1か月分の28錠が4000円から5000円の価格で手に入ります。
自宅に届くので、交通費も不要になります。
病院へ行けば8000円以上もかかるのに、個人輸入で購入すれば4000円ほどです。
2倍の価格差になります。
プロペシアは1年間服用すれば、軽度改善が約6割弱です。
3年間服用すれば、約7割強の人が改善しています。
つまり、3年間くらいは服用を続けるのがベターです。
毎月4000円の違いが3年間だと、14万4000円も違ってきます。
これだけのお金があれば、あなたは何に使いますか。海外旅行へ行って美味しい物も食べられます。
欲しかった色々なものも、購入できるでしょう。
安いだけではなく、自宅まで届けてくれるので楽です。
病院で手に入れるメリットである安心と、個人輸入で購入するメリットである安いことや楽なこと、両方のメリットを上手に利用してください。

プロペシアをネットで購入する時の注意点

病院へ行ってプロペシアを手に入れる最大のメリットは、安心です。
他の保険が適用されている薬でも大丈夫なくらいの軽症なのか、プロペシアを服用する方が良いのか、全身的な病気が原因ではないか等をきちんと検査をして調べてもらえます。
また、医師が処方する薬なので粗悪品ではないという安心感もあります。
万が一副作用が出た時は、対応してもらえます。
しかし、個人輸入の方が安い、楽だ、というメリットも外せないでしょう。
そこで、最初は病院で診察を受けてから医師の処方箋で調剤薬局でプロペシアをもらい、4週間なり8週間なり服用してみて、副作用などがないことを確認してから、2回目や3回目以降を安い個人購入に切り替えるといった方法が安心で安全です。
初回から個人輸入で安い商品を購入するのではなく、こちらの方法をおすすめします。

個人輸入する際は、中には粗悪品や偽物もあります。
また、英語で書かれていて内容がよく判らないのに、安い価格の数字だけでクリックして個人輸入する人もいますが、これは大きなリスクが伴います。
一桁見間違えていて、7年間の間、毎月月末に自宅に届けるという契約になっていた等のトラブルもあります。
英語なので解約の方法もよく分らず困ったというケースもあります。
内容がよく判らない多言語のサイトから個人輸入してプロペシアを購入するのは、止めた方が無難です。
医師の処方箋で服用していたプロペシアと同じメーカーの同じ商品を、個人輸入で購入する方が安心で安全です。
個人輸入で購入した商品は、自宅で手渡しではなくメールボックスなどに入れてお届けとなる場合もあります。
ご自宅のメールボックスは、どこに設置してありますか。
屋根のない屋外にある場合は、雨が吹き込んで商品のパッケージがぬれたり長時間直射日光に当たらないように気をつけてください。
また、万が一個人輸入で購入したプロペシアを服用中に異常を感じた時は、商品のパッケージを持って速やかに医師の診察を受けてください。