プロペシアはAGAの進行を止める治療薬として多くの方に愛用されています。しかし女性は錠剤自体に触れてはいけなかったり、EDになる副作用のリスクも抱えています。プロペシアは本当に自分が使って良い薬なのか、当サイトを見て決断してください。

プロペシアのジェネリックでも十分な効果は得られる

AGA内服薬として需要の高いプロペシアは、有効成分としてフィナステリドを含み、海外では60か国以上で承認されています。
しかし日本では医療用医薬品に分類されているために、医師に処方箋を出してもらう必要があります。
従ってプロペシアを入手するには、まず病院やクリニックに行き、医師による診察を受けることが条件になります。
ただし、AGAの治療は自由診療と見なされているため、健康保険が適用されません。
治療費や検査費用、薬代などが、3割負担ではなく全額負担になります。
しかも診療費は、各クリニックが自由に設定して良いことになっているので、場合によっては高額になることがあります。
そこで少しでも安い費用でAGAを治療したい場合には、プロペシアのジェネリックを使用するという方法があります。
ジェネリックは後発医薬品のことで、新薬の特許が切れた後で販売された薬を意味します。
後から発売されましたが、新薬と成分は全く同じなので、十分な効果が得られます。値段も新薬に比べてリーズナブルです。
ジェネリックは「一般的な」という意味合いを持ち、安全性の面でも安心できる医薬品です。
ただしプロペシアのジェネリックは、日本国内ではまだ認可されていないため、個人輸入で入手することになります。
しかし自分一人で個人輸入するには、英語力が必要です。

その点、個人輸入サイトを利用するなら、日本の専門業者が代行してくれるので安心です。
自分だけで海外から購入する場合は偽物を買ってしまうリスクもありますが、日本の個人輸入サイトを経由して注文するなら、その心配はありません。
注文の際は、サイト内の注文フォームに住所やクレジットカード情報を入力しますが、最新のセキュリティ対策を行っているので安全です。申し込み後に、インターネットから発送状況を確認できるサービスもあります。
このように個人輸入サイトを利用するなら、病院の診察も不要な上に最安値で購入できますので、特に継続的に利用する薬の場合は節約になります。

ジェネリクでも同じ成分で格安で治療できる

プロペシアのジェネリックにフィンペシアがあります。
フィンペシアの有効成分は、プロペシアと全く同じフィナステリドで効果も同じです。
またフィンペシアの価格は1箱100錠入りでおよそ2,000円程度です。
一方、プロペシアを病院で処方してもらうと価格は、約8,000円です。
個人輸入サイトを経由しても、1箱28錠入りが約5,500円の価格です。
全く成分が同じでこれだけ価格に差があります。
負担軽減を考えるとジェネリックのフィンペシアの方がかなり得です。
尚、フィンペシアはインドのシプラ社が製造元で、プロペシアはアメリカのメルク社ですが、安全性や効果の点で違いはありません。
効果が同じなら、負担軽減できるジェネリックの方が節約になります。
その他、エフペシアもフィンペシア同様、プロペシアのジェネリックです。

成分もプロペシアと同じフィナステリドで、有効成分濃度も効果も全く同じです。
2つの違いとしては、エフペシアの方が少し錠剤の大きさが小さめです。
従って普段、錠剤が飲みにくい人は、エフペシアの方が適しています。
ただし錠剤が小さくても、1日に摂取するフィナステリドの量は、エフペシアもフィンペシアも同じなので効果に違いはありません。
尚、エフペシアも個人輸入サイトで取り扱いがあり、価格もリーズナブルです。負担軽減を考えた場合、プロペシアよりもエフペシアの方が得をします。
以上のことから、負担軽減を考えてフィナステリドを配合したAGA治療薬を入手するなら、個人輸入サイトでフィンペシアかエフペシアを申し込むのが最も節約になります。
長く使用するAGA治療薬を購入する際は、負担軽減できる方法で買う方が、長い目で見てメリットがあります。