プロペシアはAGAの進行を止める治療薬として多くの方に愛用されています。しかし女性は錠剤自体に触れてはいけなかったり、EDになる副作用のリスクも抱えています。プロペシアは本当に自分が使って良い薬なのか、当サイトを見て決断してください。

プロペシアが効かない人もいる

困った医者

テレビのコマーシャルなど様々なメディアで盛んに宣伝されているように、医療機関での薄毛治療が行われるようになっています。
これは、2005年にプロペシアという内服薬が厚生労働省から承認されて以降に本格的になったもので、既に10年以上の年月が経過しています。
ちなみに、厚生労働省が承認する際に1年間かけて行った臨床試験によると、軽度改善以上が被験者の58%に、不変以上の効果は被験者の98%に確認されています。
このように高確率で効果を発揮するプロペシアは、アメリカで開発されたフィナステリドという成分の1mg錠です。
このフィナステリドは、前頭部から頭頂部にかけての毛根内部と前立腺に分布しているII型5aリダクターゼという還元酵素の活性阻害剤で、元々は前立腺肥大症を改善するために開発されたもので、5mg錠の治療薬としてアメリカで販売されています。
その後、身体への負担を考慮して1mg錠の研究を進めた結果、被験者の頭髪に成長がみられたために、こちらを適応症とした治療薬としてFDAに認可されることになります。
これが、飲む育毛剤と呼ばれているプロペシアが誕生した経緯です。
なお、フィナステリドは髪の毛に対して直接アプローチするのではなく、5aリダクターゼの酵素活性を阻害するという作用のみです。

それでは、何故脱毛症の進行が止まるかというと、この還元酵素が生産に関与しているDHTには、ヘアサイクルを狂わせるという作用があるからです。
ちなみに、このDHTが原因の脱毛症のことは、AGAと呼ばれています。
これは、前頭部から頭頂部までの範囲に薄毛が集中するのが特徴で、M字ハゲやO字ハゲなどと呼ばれるようなタイプが典型的な形態です。
つまり、フィナステリドの1mg錠のプロペシアは、AGAの原因物質DHTの生産を抑制するということを目的としているということです。
このために、AGA以外の薄毛に対しては効かないということになります。

体質によってもプロペシアが効かないこともある

フィナステリドの1mg錠のプロペシアは、II型5aリダクターゼの活性阻害剤で、発毛促進作用や毛根修復作用はありません。
このために、AGA以外の薄毛に対しては何の効果も期待できません。
また、AGAであっても状況によっては効かないということも起こり得ます。
これは、臨床試験でも被験者の2%は悪化したという結果が出ていることからも明らかで、体質や耐性、発症してからの期間などが関係しています。

まず、体質が原因で効かないのは、I型の5aリダクターゼがDHTの生産に強く関与しているケースが考えられます。
このI型の5aリダクターゼは、前頭部から頭頂部の毛根に分布しているII型とは異なり、皮脂腺内部に存在しています。
このI型の還元酵素に関しては、プロペシアは作用しないので、こちらが原因の場合は進行を止めることは出来ません。
次に、AGAが発症してから10年以上の年月が経過した場合も効かないということが起こり得ます。
これは、DHTには皮脂の分泌量を過剰化するという作用があるので、毛根が塞がれてしまい機能を喪失してしまうからです。これは、体質ではなく、使用する時期が遅すぎたことが原因です。
なお、現在のところプロペシアには耐性があるということは確認されていませんが、年月が経過するごとに体感する効果は徐々に少なくなります。
これは、ある程度の状態になると現状維持にとどまるからで、実際には耐性が出来たわけではありません。
しかし、眼に見える変化がないので、耐性が出来たと感じてしまいがちです。
このように、前頭部から頭頂部にかけての薄毛に効果的なプロペシアは、常に万全の効果を発揮するというわけではありません。
効かないと感じた場合には、その原因に応じた対策が適当です。
たとえば体質的に皮脂腺由来の還元酵素が原因の場合は、これを阻害する別の治療薬を使用するのが適当で、前頭部や頭頂部以外の部分が薄毛になっている場合は該当する可能性が高いと考えられます。
一方、体質ではなく耐性が原因の場合は、基本的には効かないと感じているだけであり、プロペシアの効果自体は継続しています。
この場合は、惑わされずに我慢して続けるのが適当です。